一般社団法人 持続可能な地域社会総合研究所

ニュースの一覧

2018/09/18
藤山所長基調講演・持続可能な地域構造フォーラムのご案内NEW
『持続可能な地域構造フォーラム ~集落⇔都市の新たな繋がりを考える』が開催されます。
日時:10月16日(火)14:00 ~17:10
会場:岡山県真庭市勝山文化センター
主催:国土交通省国土政策局 共催:真庭市、岡山県、中国地方整備局、中国運輸局、四国地方整備局、四国運輸局
内容:集落から「小さな拠点」・「道の駅」そして地方都市圏、広域ブロックを相互につなぎ循環する次世代の地域構造について、わかりやすく論議します。

お申込み・フォーラムの詳細はこちらをクリック(PDF)

2018/04/27
研究所の紹介ページを作成しました。
紹介ページはこちらをクリック

2018/04/19
「日経グローカル」誌で連載開始
 日本経済新聞社の創造的地域経営のための専門情報誌「日経グローカル」で新規連載始めました。 「田園回帰の時代~本気で地元を創り直す」というコラムをこの1年間書いていきます。 近年の田園回帰の傾向を分析した上で、新しい地方定住を支える人口や経済そして拠点・ネットワーク構造について、 具体的な分析データと全国的な事例紹介に基づき、持続可能な地域社会の未来像を提示していく予定です。お楽しみに!

初回掲載の4月16日号(No.338)の目次はこちらをクリック(PDF)

2018/04/19
富山県議会で講演しました。
講演日:2018年4月9日
主催:自民党富山県議会議員会
場所:富山県議会
演題:「人口・所得の1%取戻し戦略 ~田園回帰を支える社会システム」
 藤山所長による講演会が富山県議会で開催されました。議員の先生だけでなく、県職員や市町村職員、NPOの方も大勢参加されていました。 富山県での講演は初めてで、都道府県では46番目に呼ばれました。あとは香川県に呼ばれると「全国制覇」です。 香川県のみなさま、よろしくお願いいたします。

2018/04/09
最新刊の紹介!「『循環型経済』をつくる」
 2018年3月に「図解でわかる田園回帰1%戦略」シリーズの第1巻となる「『循環型経済』をつくる」が発売されました。
概要:
「過疎対策のバイブル」と評された『田園回帰1%戦略』の図解編第1弾。家計調査をベースに、 食料品や燃料などの地域内消費・生産を増やし、お金のだだ漏れを防ぐことで、移住者の仕事 を生み出す戦略を明快に示す。

著者:
藤山 浩(一般社団法人持続可能な地域社会総合研究所 所長)、有田昭一郎(島根県中山間地域研究センター 主席研究員)、 豊田知世(島根県立大学 講師)、小菅良豪(一般社団法人持続可能な地域社会総合研究所 専門研究員)、重藤さわ子(東京工業大学 特任准教授)

目次:
序章 バケツの穴をふさぐ--地域からの所得流出の深刻な実態
第1章 地域経済循環分析プロジェクトの紹介--人口・経済・環境の総合持続性へ
第2章 地域版家計調査で中山間地域の暮らしと経済を組み立てる
第3章 食の地産地消で所得を取り戻す
第4章 エネルギーの地産地消で所得を取り戻す--木質バイオマスの活用と地域経済循環
第5章 地域の消費を変えてよりよい未来づくりを--長野県富士見町の事例から
第6章 連結決算で幸せを支える--地域ぐるみの共生、最適化へ
第7章 循環の経済へ進化する--持続可能な地域社会を創る30年構想プラン

本の詳細・お申込みはこちらをクリック

2018/04/09
H29年度の実績ページを更新しました。
詳細はこちらをクリック

2017/12/26
「地域経済・自治体生き残り戦略シンポジウム」開催のお知らせ
 2018年2月8日に『地域経済・自治体生き残り戦略シンポジウム~ 持続可能な地域社会への30年事業プラン構想へ』を 開催します。
詳細はこちらをクリック

2017/09/15
「全国持続可能性市町村リスト」の詳細情報を公表しました。
 国勢調査2010・2015年を基礎データとして、各市町村毎に人口分析及び、将来予測人口を算出しました。
各市町村毎の分析詳細データをダウンロードすることも可能です。
詳細はこちらをクリック

2017/08/21
「全国持続可能性市町村リスト&マップ」を公表しました。
 この度、「一般社団法人持続可能な地域社会総合研究所」(2017年4月設立)では、全国の全市町村について、 独自開発の分析プログラムにより、2010年代前半の人口動態の現状と今後の人口予測ならびに長期的な人口安定化に 必要な定住増加目標を明らかにしました。「市町村消滅論」が発表され3年、今まで条件不利と見られてきた離島や山間地域から、 人口取り戻しの「狼煙」が上がっています。今後の田園回帰の加速と市町村同士の学び合いを願い、ここに主要な分析成果を公表します。

分析・公表の目的
  1. 全国的な最新人口動態を共有し、田園回帰等、今後望まれる地方創生政策を具体的なデータに基づき検討するため。
  2. 縁辺性の高い離島・山間地域等での社会増等も注目され、市町村がお互いに成果と手法を学び合いを進めるため。
  3. 自治体で人口安定化に必要な定住増加等の目標を明らかにし、今後の分野ごと・地区ごとの具体的取り組みを展開するため。

<公表結果の一部>
ニュース写真 ニュース写真
データのダウンロード
全体概要(PDF)
解説・結果(PDF)2017年8月28日 解説を一部追加しました。
参考資料【主要リストとグラフ】(EXCEL)

画像上のタイトルをクリックすると高解像度の画像データ(JPG)がダウンロードされます。                                                                                                                                    
30代女性コーホート増減率実質社会増減率
ニュース写真ニュース写真
2045年人口増減率出生率
ニュース写真ニュース写真
子ども維持 必要定住増加人数3条件達成 必要定住増加人数
ニュース写真ニュース写真
30代女性コーホート増減率(過疎指定市町村)実質社会増減率(過疎指定市町村)
ニュース写真ニュース写真
2045年人口増減率(過疎指定市町村)出生率(過疎指定市町村)
ニュース写真ニュース写真
子ども維持 必要定住増加人数(過疎指定市町村)3条件達成 必要定住増加人数(過疎指定市町村)
ニュース写真ニュース写真

お問い合わせ先
一般社団法人 持続可能な地域社会総合研究所
本件に関する市町村等の問い合わせ専用携帯番号:080-2891-3718
お問い合わせ

2017/06/10
藤山浩 退職記念講演会で講演しました。
主催:藤山浩氏 退職記念講演会実行委員会
後援:島根県中山間地域研究センター・島根大学教育学部地理学研究室
第1部講演:「地元に人と仕事を取り戻す ~田園回帰1%戦略~」
第2部対談:「1%戦略に至った道のり、そしてこれからの地域社会進化論」
ニュース写真 ニュース写真 ニュース写真 ニュース写真

2017/05/25
藤山浩 退職記念講演会 開催のお知らせ
開催日時:2017年6月10日(土) 14:00~
主催:藤山浩氏 退職記念講演会実行委員会
後援:島根県中山間地域研究センター・島根大学教育学部地理学研究室
場所:松江テルサ 4階大会議室
第1部講演:「地元に人と仕事を取り戻す ~田園回帰1%戦略~」
第2部対談:「1%戦略に至った道のり、そしてこれからの地域社会進化論」
詳細(チラシ)はこちら
申し込みはこちら ←外部サイトへジャンプします。
※なお、当日ご都合により参加できない方も、コメントや思い出の写真を入力できますので、よろしくお願いします。

2017/04/28
ホームページを公開しました。
2017/04/22
「女性きらきら★地域いきいき講演会」で講演しました。
主催:五箇こぞって会
場所:島根県隠岐の島町五箇
演題:「おいしい・たのしい・きれい~笑顔をつなぐ女性たち」
∗女性を中心に50名の方が集まられました。
写真:講演後のケーキ交流会の様子
ニュース写真
2017/04/16
「平成29年度川南町地域づくり大会」で講演しました。
主催:川南町役場
場所:宮崎県川南町
演題:「1%戦略から始まる地域の可能性」
∗町内から200名近い地域住民の方が集まられました。川南町も毎年人口1%の定住増加で人口が安定化します。
ニュース写真
2017/04/12
「平成29年度全国情報会議」で講演しました。
主催:一般社団法人 全国農業会議所、全国農業新聞主催
場所:東京都「ホテル椿山荘東京」
演題:「農と村の底力を活かす~田園回帰1%戦略を踏まえて~」
∗全国から700名の農業委員の方が集まられました。
ニュース写真 ニュース写真

Menu

研究所本社 研究所紹介ページはこちら

一般社団法人
持続可能な地域社会総合研究所

〒699-5126
島根県益田市隅村町936
TEL:080-2891-3718

所長直通携帯:080-5526-9818
お問い合わせ